2013年02月05日

台湾のメーカーが次世代iPad miniの試作品を製造開始?超期待!

7d7372e6.jpg
海外メディアからの情報:台湾のAU Optronics Corp.というところが
次世代iPad miniの試作品の製造を開始したとのことです。
詳しい情報はどう??cnBetaが、サプライチェーンからの情報によると、
台湾のAU Optronics Corp.が、

次期iPad mini向けRetinaディスプレイの
試作を開始したようだと報じています。

次期iPad miniはどんな特徴ですか?
解像度は2048×1536ピクセルで、
ピクセル密度は324ppiとなり、
他にもAppleはワンガラスタッチパネル構造(OGS)の
タッチスクリーンのテストも開始しているようです。

また、本体サイズや外観のデザインは
現行のiPad miniと変わらず、
プロセッサにクアッドコアGPUを搭載した
A5Xプロセッサを採用するとのこと。

現行iPad miniの性能が気に食わないからと
次期モデルを待っていた人も多いはず。
……の割にはA6じゃないんですよね。
試作品だからか?

更に最新情報をわかり次第ここでお伝えます。
posted by iphone5 at 16:33| Comment(0) | アップルiPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。